FEATURE

#20

ANATOMICA ~ The philosophy of Pierre Fournier ~

ANATOMICA ~ The philosophy of Pierre Fournier ~

-

ANATOMICA( アナトミカ )

パリ4区、マレ地区に店を構える「ANATOMICA」。
多くのファッション関係者が言います...
「パリに行ったら、アナトミカには行っておくべきだ」と。

その名店を語る上で外せないのが、オーナーの''ピエール・フルニエ氏''です。
ANATOMICAの歴史...それは、ピエール・フルニエ氏の歴史でもあるからです。

_MG_0795.JPG


1975年、パリに「GLOBE (グローブ)」という、現代のセレクトショップの源になったショップをプロデュース。
1979年にはGLOBEの延長線上になる「HEMISPHERE(エミスフェール)」をオープンさせます。
当時から優れた審美眼は各方面から注目を浴び、セレクトショップという画期的なカテゴリーをつくりました。


そして、様々な洋服の「知識」と「経験」から''新しい概念''が生まれます...
●ANATOMIC TRUTH
●BEAUTY AND TRUTH
●TIME HAS COME TO LOOK FOR GOOD FITTING

人体を覆う履物と衣類は構造上、元来着用するその人を尊重して形成される。
即ち販売する商品は特別なシェイプをしていて当然であり、多種多用な形とサイズに至るはずである。

この概念を具現化したショップこそ、1994年にオープンした「ANATOMICA」です。

cartedevisite_02.jpg


ANATOMICAの理念は、マーケティング戦略を練ることをしません。
時期を問わず良い物が出来たら作る。出来なかったら作らない。
という、普遍的で上質な物を作るためのプロダクトをもとに製作されます。
ピエール氏自ら試着を繰り返し、ミリ単位で修正を加え、ANATOMICAというスタイルを創る。
本質的な部分での物作りに対する姿勢は変わらないため、めまぐるしく変化するファッションとは違い、何年にも渡って同じアイテムを作り続けます。

ANATOMICA 02.jpeg


ANATOMICAとは、ピエール・フルニエ氏の洋服に対する哲学そのものです。
その哲学は、ピエール氏のこの言葉からも感じられます。


アナトミカは、トレンドを意識したブランドとは程遠いと言っていい。

末代に残すべき服の良心を最良の素材が見つかった場合のみ、具体化する。

それだけの事なんだ。

''ピエール・フルニエ''

_MG_0804.JPG


流行や条件に左右されない価値を持った、アナトミカのコレクション。
永く愛用出来る洋服を望む方は、是非。



オンラインストア