FEATURE

#012

The close relationship between ''WACKOMARIA'' and ''Panama Hat''.

The close relationship between ''WACKOMARIA'' and ''Panama Hat''.

-

〜about the bland of ''WACKOMARIA''〜

程度の大小はあれど、誰しも日常の中で「音楽」に触れ心地よい時間を過ごす。
時には、必死で働いた後の世界一の「酒」を飲みながら、、、
またある時は、気を許せる仲間達と。

「WACKOMARIA」が表現するスタイルは、そんな大人の男性達の日常。

そんな彼らの世界観の中で、必要不可欠なアイテムが「パナマハット」。
本日は「WACKOMARIA」のこだわりが凝縮された「パナマハット」をFEATURE。

_MG_9995.JPG

彼らのスタイルに共鳴して集ったメンバーで「東京 HAT ROCKERS」を結成。
メンバーにはデザイナーの二人の他に渡辺俊美氏(TOKYO NO.1 SOUL SET)等が名を連ねる。

_MG_0022.JPG

ここで、代表的なモデルのご紹介。


まずは、最もベーシックな「THR-01」。
ツバとクラウンのバランスの取れた、幅広くコーディネートを楽しめるモデルです。

( THR-01 BRISA )
_MG_0009.JPG

ちなみに「BRISA」とは、、、
BRISA・・・キメの細かい高級感あふれる石目編みの生地。

_MG_0010.JPG
PANAMA HAT ( THR-01 )
COLOR : BLK
PRICE : 19950

もちろん「WACKOMARIA」のパナマハットは、本パナマ草を使用しています。
写真のような中米産の椰子に似た植物です。

panaso_1.jpg

パナマ草が生息する地域は非常に限定的で南米エクアドルの西側地域のみ。
その地域は機械がほとんど入らず、いまだに馬やロバで運搬するとか、、、
「良いモノを作る為には、多くの人の手と多くの時間が必要」なんですね。

panaso_2.jpg


続いては、ややツバが短めの「THR-02」。
こちらは、少し遊び心あるパープルリボンがオススメです。

( THR-02 BRISA )
_MG_9998.JPG

小顔ではない僕にはやや不向きではありますが、、、

_MG_0002.JPG
PANAMA HAT ( THR-02 )
COLOR : BLK ( PUR DOTS )
PRICE : 21000

そもそも400程の歴史を誇る「パナマハット」は、なぜ「パナマハット」なのでしょうか?
素材となるパナマ草は、赤道直下のエクアドルで栽培されているのに、、、

説はいくつかあるようですが、一説ではパナマ運河建設に由来するようです。
炎天下の中作業するエンジニア達は、パナマハットで暑さをしのいだそうです。

さらには、時のアメリカ大統領ルーズベルトが、1906年にパナマ運河の視察の際パナマハットを着用していた事がメディアによって世界中に伝わった事で広く認知されたようです。

WACKO-02.jpg

その後1940年代のハリウッド黄金期には、多くのスター達が好んでパナマハットを愛用した事でパナマハットは不動の地位を確立しました。
(↓は、パナマハットではありませんが(汗)。個人的に、好きな映画より)

11feb39d9a17c8b13c3914b16df01830.jpg


最後にデザイナーオススメのツバの広さが存在感を放つ「THR-04」。
玄人好みなこのデザイン、、、
ぜひオープンカラーのシャツとコーディネートしていただきたいっ!!

( THR-04 BRISA )
_MG_0020.JPG

_MG_0021.JPG
PANAMA HAT ( THR-04 )
COLOR : BLK ( BLK DOTS )
PRICE : 22050


パナマハットの保存については、やはりこちらがオススメです。
こちらは、オーダー対応商品になります。
ご希望の方は、お気軽にお尋ね下さい。
(メーカー在庫状況に応じて、日数を要する事がございますのでご了承ください。)

( HAT BOX )
img4774_WMR-BOX-01_2.jpg
HAT BOX
PRICE : 3150

ぜひスタイルに最適なパナマハットを探してみられては??

終わりに、パナマハットのお取り扱いについて少々。

1.くぼみ部分を絶対に持たないようにしてください。
(パナマハットのダメージの80%以上が、実はこの部分なのです。)
※これだけでハットの寿命は、3〜4倍にもなります。

2.雨等で濡れた場合は、渇いた布で水分を拭き取ってください。
 汗や汚れは、水を含ませた布で拭き取ります。

3.湿度が低い冬などは、定期的に霧吹きなどで少し水分を与えてください。


少しのケアを怠らず、長年愛用していただくと少しずつご自分だけにフィットするパナマハットに仕上がっていきます。


_MG_0024.JPG

奥深く密接な「WACKOMARIA」と「PANAMA HAT」の関係性。
ぜひご堪能ください。

それでは。

(M)



オンラインストア